2007年07月22日

2日間でわずか1本の激辛釣果

DSC00384.JPG

土日と連休だったので、土曜日釣って日曜は休もうかなと。
しかし、そんな甘い考えはもろくも撃沈!

土曜早朝、いつものように6.5インチカットテールからキャスト開始。
反応無し。
まぁこんなもん、と続けてキャストする。
1時間反応無し。
まだまだこれから!とキャストを続ける。
2時間反応無し。
さすがに焦ってきました。


普通なら違うルアーを試すとか、ポイント移動するのに、
最近これが好調だったので、ダメだと思いつつ固執してしまいました。
その後も粘って粘って…
で、結局久しぶりの丸坊主…。

日曜はゆっくりしようと思ってたけど、
やっぱりリベンジに出かけてしまいました。
昨日と同じポイントでキャスト開始。
懲りもせず6.5インチカットテールを投げる。
でもやっぱり無反応。
時折アタリはあるがのらない。ギルかな〜?
2時間経過…、やっぱり釣れない、スレてしまったのか?いないのか?
今日は思い切ってポイント移動することにする。

今度は水深の浅いポイント。
昨年はよく釣れていたのだが、今年はいまいちな感。
水も結構濁っている。
とりあえず6.5インチカットテールを投げて様子を見る。
が、反応無し。
6.5インチカットテールはあきらめ、スピニングに持ち替える。
ルアーは自作のスモラバ、これにかけてみる。
釣れないときは、いろいろやるより自信の持てるルアーを投げた方がいい!かな?

とにかく足を使って移動しながらめぼしいポイントにキャストする。
しかし反応無し!
時間も過ぎ、終了時間が近づいてきた。
2日連続で坊主か〜とあきらめかけたとき、
「コン」と待望のアタリ!
すかさずあわせると、ズンと重みが伝わってきた。
すると走る走る!ドラグも唸って久しぶりにスピニングでおもろ〜
なんとか強烈なつっこみに耐えながら寄せてくるが足場が悪いので取り込みできない。
取り込みできそうなところまで誘導し、ようやくランディング。
終了間際で46pのナイスバスゲッチュです。

なんとか1本釣れましたが、なかなか厳しいものがありますね。
またポイント開拓しないとダメですかね。

■今日の釣果■
本 数:バス1本
サイズ:46p
時 間:AM5時〜8時頃まで

■フィールドコンディション■
天 気:曇り
水 温:−
水 質:少し濁りあり

■タックル■
ロッド:DAIKO バロウズBRSS-63L
リール:DAIWA ルビアス2004
ライン:サンライン スーパーFCスナイパー 4lb
ルアー:自作スモラバ 

ロッド:DAIKO バロウズBRSC-64M
リール:DAIWA TD-X103
ライン:サンライン マシンガンキャスト 12lb
ルアー:ゲーリー 6.5インチカットテール
posted by ヒグカツ@管理人 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | Fishing Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何はともあれ コングラチュレイション

夏場に限らず 自然相手は大変ですが そこが又 楽しみなんですよネ
Posted by S Hirano at 2007年07月28日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49187459
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スピニングへの思い
Excerpt: ・リールの話?「スピニングリール」・スピニングリールを新調・スピニングリール・シマノニュースピニングリール!ナスキーはレブロスのライバルか・[釣り] 室内練習・07 参院選 投票率画像&写真・[上中越..
Weblog: リールを攻める
Tracked: 2007-08-12 18:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。